「人は話し方が9割」という本を読んで

東郷町・日進市の個別指導塾

「個別指導塾ピックアップ」

日進東郷校担当の、志野 瑞季です。

こんにちは!

表題にもある通り、人は話し方が9割という本を読みました!

今回なぜこの本を選んだかというと、
私自身、人前で話すことが苦手で
仲のいい人でないと会話が続かなかったり、
大人数の前で話すのがそんなに得意ではなかったです。
それを改善出来たらもっと子どもたちとのコミュニケーションにも生かせるのではないかと思い選びました!

初めに、話し方には3つのコツがあります。
1つ目が「否定禁止」
「否定」のある空間に身を置くと、誰でも話すことが難しい状況となってしまいます。そのため、否定をしない空間づくりが大切です。
2つ目が「笑顔とうなずき」
笑顔でうなずいてくれる人がいるだけで
誰もが話しやすい、安心感が生まれるということです。
3つ目が「プラストーク」
プラストークとは、人を褒める、感動した話をする、現状を良くしようとする、といったことを指し、ポジティブな話をして明るい雰囲気作りを行うことです。

とにかく発言をし、それを否定しないこと。
うなずきを徹底すること。
後ろ向きな話をしないこと。
この3つを徹底することで話しやすい空間を作ることが出来るということです。

次に、コミュニケーションの達人だけが知っているという三大原則があります。
まず、「人は誰もが自分のことが1番大切であり、自分に一番興味がある生き物である」こと。
そして、「本来、誰もが自分のことを認めてほしいし、自分のことをわかってほしいと熱望している」こと。
さらに、「人は自分のことをわかってくれる人のことを好きになる」ということ。

つまり、一番相手にとって興味のある「相手自身」のことを主役にすることで、「自分を主役にしてくれるあなた自身のことを好きになる」という心理から、これを上手く利用して話し方を工夫していくのです。

最後に、話し方は「聞き方が9割」ということ。
話が上手な人は、聞き方がとても上手いのです。
前述したように、人は誰もが自分のことに関心を持ってほしいと思っており、認めてほしいと考えています。
そうした相手の自己重要感を高めるのに最も有効なのが「聞き方」をマスターすることなのです!

この本を読んで、周りにこういう人居るなあ。だとか、
自分の中でこれは出来ている、これは出来ていないな。
などと考えていると、私自身が実行出来そう、また実行しなくてはならない事が見えてきました。

その中でも私が一番実行しなくてはならないのが、
初めのコツで紹介した3つ目のプラストークです。
私自身、自己肯定感が高くなく、成功体験を話したり、自慢をしたりするのが苦手なためどうしても後ろ向きな話をしてしまいがちです。
そこで、プラストークを実践することで、明るい雰囲気を作るだけでなく自己肯定感も高まり、ポジティブになる事が出来ると思い、実行するべきだと感じました。

否定をしない。聞く姿勢を徹底する。
など、もう出来ている点はこれからも続け、出来ていない点は克服することで人間関係の構築や、子どもたちとのコミュニケーションもよりよいものにして行きたいです!

これからも気になった本やオススメされた本を読んで、
その内容を子どもたちにアウトプットしていきたいと思います!

 

「個別指導塾ピックアップ」をホームページで詳しく見る!

LINEで質問・問い合わせをしてみる!

無料体験学習のお申込は
こちらから

個別指導塾ピックアップでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!

Webからのお問い合わせはこちら

フリーダイヤルから電話でご相談!

0120-829-594 受付時間 : 9:00〜18:00
(日曜・祝日休校日)